​全米ヨガアライアンスとは

1990年代にアメリカで設立された「国際ライセンス」とも言うべき位置づけとなっている

RYT(Registered Yoga Teacher:登録講師)の認定を行っている非営利団体です。

質の高いヨガの講師、ヨガインストラクターを養成するためのカリキュラムに一定の基準を定め、

現在ではヨガ指導者や養成校のレベルを保つ働きも担っています。

 

世界的に大変知名度が高く全米ヨガアライアンス登録インストラクターは世界各国で通用するレベルやスキルを証明されています。

日本でもヨガインストラクターの資格として一番知名度があり、履歴書に資格として記載することができ、開業、就職、スタジオオーディションに有利な経歴として持っていて間違いはないヨガインストラクター資格です。

アールユーシーヨガアカデミーも全米ヨガアライアンス認定校(RYS)です。

卒業生には修了証を発行し、RYT取得インストラクターとして活躍することができます。

また、アメリカの本部に登録(登録費用有り)をすれば

全米ヨガアライアンスのウェブサイトに自身のプロフィールなどを掲載できます。

​全米ヨガアライアンス認定校 レジストリーマーク

RYTとは  Registered Yoga Teacher:登録講師

RYSとは  Registered Yoga School:登録スクール

登録は任意ですが®(商標)のため登録していないとRYT200と名乗れません。

これは資格保持者の一定の水準を満たすためであり、資格を取得後、学びを続けないことを防ぎます。私たちヨガインストラクターは常に向上心を持ちお客様の安全のためにも学びを続け

質の高いヨガレッスンを提供をする必要があります。

全米ヨガアライアンスはさらなる向上のため、2017年に大きな改訂があり全米ヨガアライアンス、RYS,RTYともにさらなる進化をし続け、指導スキルの高いインストラクターの育成に力を注いでいます。

こうした厳しい基準があるからこそRYT200はヨガインストラクター資格として一流であると認められているのではないでしょうか。

登録はスタッフがサポートします。ご希望の方はお申し出ください。

英語が苦手な方はスタッフがお手伝いしますのでご安心ください。

費用は初年度115ドル、2年目以降は50ドルです。

3年ごとに30時間のCE(継続教育)を受ける必要や、45時間のレッスン提供をしたことを自分のダッシュボード内に加算しスキルをアップしていることを証明します。

RUCは初年度のみ登録を必須とし、翌年度からは任意です。

3年毎のCE(継続教育)の講座も修了生は割引などもあり更新しやすいようにサポートします。

全米ヨガアライアンスHP

全米ヨガアライアンス新カリキュラムとは

2017年より随時改定があり、RYTは登録しないと名のれないこと、3年毎に更新のため教育を受けなければならないことなど新しい規定があります。

2022年までにRYT200 は現行カリキュラムから新カリキュラムに移行しなければなりません。 主な変更事項:リードトレーナーの授業時間60時間から100%へ他、授業内容(アサナ・哲学・解剖学・テスト方法・参考資料など)が厳しく基準が設けられています。

これらは今以上にヨガインストラクターのスキルを上げ質の良いインストラクターを育成するためにスクールに設けられた基準です。RUCはすでに新カリキュラムの申請、認可を済みです。新カリキャラムでの授業を受けることができます。