「 ヨガをするように自分とも人とも繋がる NVC 非暴力コミュニケーション基礎ワークシショップ」

 ~なぜ、わかりあいたいけど、わかりあえないんだろう?〜

ヨガのポーズ

・概要 ヨガの練習によって、私たちは心が平穏になり他人に怒りをぶつけたり自分を痛めつけてしまったりというのが減ったという人も多いと思います。 それでも、大切な人(パートナーや家族、友人、職場)との関係で理解し合いたいけど理解できなかったり、無理して頑張って自分が苦しくなってしまうって経験をしてしまっていないでしょうか?

 

そんなとき、NVCを学んでいると少し自分を助けてくれると思います。 ヨーガスートラでのヨガの八支則の一のyama(禁戒)のアヒムサ(Ahimsa)非暴力の名前がついたNon-violent Communication 非暴力コミュニケーション(以下 略 NVC)は、はアメリカの臨床心理学者の故マーシャル・ローゼンバーグ博士によって、開発されました。

NVCの練習は、日常生活での親子、夫婦、恋人、友人、職場、市民運動、紛争解決、様々な対人関係やコミュニティでの関係性の変えると共に、自分自身が平和に自分らしく生きるように変えていきます。

我慢して、良い人になるのではなく、自分勝手に我儘になるのでもなく、心の底からおもいやりを持った関係性はどうやって作っていけるでしょうか?

今まで、多くのワークショップを開催してきたなかで、非暴力(アヒムサ)という名前にひかれて、ヨガの先生たちが参加してくれました。 「NVCはヨガみたい。」だって口を揃えたかのように感想を伝えてくれます。 ヨガを生きるように私たちが日々の暮らしや、人間関係で生きることに役立ちます。 内容  座学と練習を行います。 

​ワークショップ内容

・ガイド瞑想 ・NVC 非暴力コミュニケーションの世界観と意図

・ヨガ哲学の非暴力とNVC ・心(チッタ)を観察する

・プラーナとニーズ 生命エネルギー

・心と体をつなげる

・エクササイズ 2、3種類のエクササイズを行う予定 

内容は変更になる可能性があります。

・資料 A4を2、3枚 配布します。

​講師紹介

IMG_1158.jpg

​Atsushi

IT企業のエンジニアだったころ、サーフィンや旅で自然の中にいることが癒しで、自然を求めて沖縄石垣島に住んでいたときにヨガの気持ちよさに虜になりました。

心が落ち込んでいるときに、ヨガのクラスで練習すると心が落ち着くことになぜだろうとヨガへの興味が深くなっていき、インドのリシケシにてティーチャートレーニングを受ける。

ヨガの学びを深めるなかで、人はお金や物、人間関係などを求めるが自分自身の内側と深くつながることで、癒しは自然と起きて、平和や癒しは自分の中から起きることを気づく。

 

ヨガとともに最先端の心理学、NVC 非暴力コミュニケーションを学ぶなかで、子供の頃から脱力することが苦手で、緊張しやすい自分への気づきから、心身と呼吸の繋がりから潜在意識での習慣や癖に気づき、変えていき、エネルギーの流れをイキイキとしていくことを自身の経験からクラスやセッションで伝えている。 

 

ヨガが好きすぎて、様々な講座や本などで学ぶ一方で、ヨガ哲学の勉強会なども開催している。 古代からの哲学の中に最新の脳科学や心理学とつながりにワクワクして、難しそうなことをシンプルに現代風に伝えたいと思っています。

 

人と触れ合うボディワークであるタイ古式マッサージなども学ぶなかで、距離のあるオンラインのクラスでは、間を大事にしています。

 

 

おもな学びやトレーニング。

インドリシケシにてヨガアライアンスRYT200修了。

ヨガニドラ講師養成講座修了。

YogaEd.キッズヨガTTC PI1&ティーンズヨガTTC PI1修了。

非暴力コミュニケーション 国際集中トレーニング修了。

タイ古式マッサージ ベーシック&プロフェッショナル修了。

トークセンマッサージ修了。